黄体ホルモンの分泌増加が妊婦の便秘の原因に

黄体ホルモンの分泌増加が妊婦の便秘の原因に

 

妊婦さんが便秘になりやすい原因はいろいろとありますが、そのなかでも「黄体ホルモン(おうたいホルモン)の影響は大きいと言えます。

 

黄体ホルモンとは、黄体や胎盤などから分泌される雌性ホルモンのひとつ。

 

主にプロゲステロンというステロイドホルモンから成り立っています。

 

黄体ホルモンは妊娠期に分泌が活発化するもので、子宮壁を受胎可能な状態に導き、女性の発情を制御する作用をするなど妊娠活動には欠かせないものです。

 

母胎を守り、安全に妊娠・出産することができるのは黄体ホルモンのおかげです。

 

ですが、このホルモンの活動が活発になることで、妊婦さんの体が便秘になりやすくもなってしまいます。

 

黄体ホルモンは

  • 流産しないように子宮の収縮を抑える
  • 大腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑制する
  • 体内の水分量を維持し大腸からの水分吸収を促進する

といった働きをします。

 

子宮の収縮を抑える働きの影響で、子宮だけでなく、「平滑筋」と呼ばれる食べたものを便として肛門に送る筋肉の収縮も抑えることになります。

 

その結果、排便の機能が低下して、便秘がちになってしまうのです。

 

蠕動運動とは、大腸内の筋肉の収縮によって波打つように徐々に力が伝わっていく運動のことです。

 

この蠕動運動が黄体ホルモンの影響で抑えられてしまうことも、妊娠中の便秘の原因となります。

 

赤ちゃんの体液や血液を供給するため、羊水を作るために、妊娠中の母体には大量の水分が必要となるものです。

 

その水分を確保するため、黄体ホルモンは、体内に水分を蓄えるように働きかけます。

 

そのときに大腸から水分を吸収するため、便に含まれる水分が奪われて少なくなってしまいます。

 

そのため、通常時よりも便が固くなり、排便しにくい状態になってしまうのです。

 

>>妊婦の便秘解消におすすめのサプリ!