赤ちゃんの成長で腸が圧迫されるとママが便秘になりやすくなる

赤ちゃんの成長で腸が圧迫されるとママが便秘になりやすくなる

 

赤ちゃんが成長し、お腹が少しづつ大きくなっていくのは、妊婦ママのよろこびですね。

 

ただ、お腹の中で胎児が大きくなることが、女性が妊娠期に便秘になりやすいことの原因にもなっています。

 

赤ちゃんの成長にともなって大きくなる子宮によって、腸は圧迫を受けることとなります。

 

その結果、腸の活動が妨げられ、便の通り道が狭くなり、物理的に便が出にくくなってしまうのです。

 

この影響を受けやすいのは、胎児が特に大きくなる妊娠後期になります。

 

また、圧迫された腸は、血流も悪くなりがちです。

 

そして腸だけでなく肛門も圧迫を受けることとなるため、妊娠中は痔になりやすい時期でもあります。

 

妊娠初期は、つわりがひどい人などは食が細くなりがちです。

 

食べる量が減れば当然、便の量自体が少なくなってしまいます。

 

そうなることも排便が困難になる理由のひとつですから、食物繊維を豊富に含んだ食事を一定以上食べるようにすることも、体調管理のためには大切なことです。

 

それでも食事量を増やすのが難しい、便秘が解消されないというときには、サプリメントを取り入れてみるという方法もあります。

 

以下のページで、妊婦さんも安心して飲むことができる便秘解消サプリメントについて、ご紹介しています。

 

>>妊婦の便秘解消におすすめのサプリ!