運動不足が妊婦さんのお通じのよくない体を作ってしまう

運動不足が妊婦さんのお通じのよくない体を作ってしまう

 

妊娠中は激しい運動は禁物。

 

自分も周囲も「安静にしていなければいけない」という考えが働いて、体を動かしにくい雰囲気もあるものです。

 

だからといって、全く体を動かさないのも、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康のためによくありません。

 

さらに運動不足によって腸の働きが鈍くなることで、便秘の原因にもなってしまうため、適度に体を動かすのは大切なことです。

 

体を動かさなくなると、途端に筋肉は弱くなっていきます。

 

腹筋の力が衰えると、排便の際のいきむ力が弱くなり、便秘を引き起こすことになってしまいます。

 

また、運動不足によって筋力低下は腸の蠕動(ぜんどう)運動が不充分になることにもつながり、お通じに支障が出てしまいます。

 

ただでさえお通じが悪くなりがちな妊婦さんは、便秘解消のために意識的に体を動かす必要があると言えます。

 

妊娠中に行うならば、ウォーキングやマタニティヨガなどを、体に無理のない範囲でするのがいいでしょう。

 

マタニティヨガやマタニティビクスには、ストレス解消、便秘解消、腰痛、むくみ、安産、母乳の出をよくするなどの効果があるといわれています。

 

マタニティヨガ解説動画
↓ ↓ ↓

 

 

妊娠中の適度な運動は、母体にも良く、腰痛など妊娠中のトラブル対策にもなります。

 

つらい便秘を解消し、ストレスを発散するためにも、できる範囲の軽い運動を心がけるようにしましょう。

 

>>妊婦の便秘解消におすすめのサプリ!