ストレスが妊娠中の便秘の原因になることも

ストレスが妊娠中の便秘の原因になることも

 

妊娠すると体質や生活がガラッと変わってしまい、日常生活の行動でも様々な面で制約ができてしまうことがストレスに感じられることも多いでしょう。

 

そのような理由から、妊娠中は精神が不安定になりがちな時期だと言えます。

 

精神面のバランスが不安定さが、自律神経の乱れに繋がり、妊娠中の便秘を引き起こしてしまうこともあります。

 

腸の運動は自律神経が司っているもの。

 

ですから、自律神経が乱れてホルモンバランスの崩れが起こることで、腸の活動が低下して便秘になりやすくなります。

 

そして便秘になったことが心にストレスを与えて、さらに精神的に不安定になる、といった悪循環になってしまうことも心配です。

 

不安がエスカレートしてストレスが蓄積された状態は、母体やお腹の中の赤ちゃんにも良くないことです。

 

また精神的なストレスが原因となって「痙攣性便秘」になってしまうこともあります。

 

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、腸の蠕動(ぜんどう)運動が過剰になって、腸が痙攣状態になってしまうために起こる便秘のこと。

 

痙攣性便秘になってしまうと、便秘と下痢を交互に繰り返す状態になってしまい、母体の健康にもよくありません。

 

もともとストレスは、体の免疫力さえ低下させ、さまざまな体調不良の原因となりうるものです。

 

妊娠前に比べると、色々な不安や心配が重なることの多い妊娠中ではあるものの、ストレスをため込まずに上手に解消させていく努力も必要です。

 

そのためには、家に閉じこもっているだけではなく適度な運動をしてみたり、ママ友と楽しく過ごすなどの工夫をしてみると良いでしょう。

 

>>妊婦の便秘解消におすすめのサプリ!