妊娠中の便秘対策に良い食物繊維の種類

妊娠中の便秘対策に良い食物繊維の種類

 

食物繊維が豊富な食べ物を摂るようにすると、お通じが良くなり便秘も解消されやすいといいます。

 

豆類や穀物、根菜などの野菜類、それから海藻やきのこといった食材には食物繊維がたくさん含まれていますね。

 

普段食べているお米を玄米に変えただけで、便秘体質が改善したという例もあります。妊婦さんの便秘解消にも一役買ってくれそうです。

 

ですが、どんな食物繊維でもいいのかというと、そんなわけでもありません。

 

食物繊維は大きく二つ「水溶性」と「不溶性」に分類されています。

 

このうちお通じに良い影響を与えてくれるのが水溶性の食物繊維です。

 

水溶性食物繊維を含む食材のキーポイントは、“ヌルヌルしている”ということ。

 

具体例を挙げると、こんにゃくや、わかめ・昆布・もずくといった海藻類がそれにあたります。

 

水溶性食物繊維を摂ることで身体の保水力が上がり、便に含まれる水分が増えるため、便がスムーズに腸の中を通ってくれるようになります。

 

一方、不溶性食物繊維は保水力に乏しいため、あまり摂り過ぎてしまうと、かえってお通じが悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

 

女性の好む焼き芋(さつまいも)などのイモ類は、この不溶性の食物繊維が多い食材ですから、食べ過ぎないようにしたいところです。

 

妊娠中に便秘になりやすいのは、十分な水分を取れていないことが原因になることも多いのです。

 

身体の中の水分量というのは、妊娠中に便秘しているなら、要注意ポイントなんですね。

 

水分をたくさん取っておくことで体内の老廃物が流れ出やすくなり、血流が良くなり、脱水症状を防いでくれるなど、健康面でいいことづくめな状態になります。

 

そして、妊婦さん自身が必要とする水分プラス、赤ちゃんの分の水分も必要です。

 

赤ちゃんの血液、それから羊水を作り出すのにも十分な水分が必要になります。

 

日頃の食べ物で便秘を解消するというときには、水溶性の食物繊維を多めに摂ってバランスのいい食生活を心がけるようにしましょう。

 

>>妊婦の便秘解消におすすめのサプリ!